千葉 占星術研究 占術学研究 無料手相講座
 無料タロット講座 無料西洋占星術講座 メール鑑定

Concept


HOME > tarot > タロットと手相

TAROTとは?

TAROTと 手相

私はタロットと手相という組み合わせで占いをしています。手相は統計学ですので、独自で勉強して、手相を鑑定してきた私の独自の統計があります。手相占いで有名な方が知らない相も知っています。手相は時代とともに成長し続けるもの。これでいいという到達はありません。成長が止まった占い師さんも多数いらっしゃる中、若くして手相を鑑定するという事は良い事だと思います。統計は覚えていないといけないものです。人は歳をとると忘れっぽくなりますので的中率は下がります。あの有名な方も年齢と共にノートを見てしか占う事が出来なくなっています。統計学の全ては占い師の記憶力にかかっています。一方タロットは正反対のインスピレーション。直感や霊感といったものにより行う占いです。手相には古いという流行廃りがありますが、タロットは色あせない魅力があります。まず、統計学の手相で、その人の運命と感情、考え方、性格、体力をみます。結婚の時期は手相の方があたります。そして、「どんな人と出会えますか?」という質問にはインスピレーションのタロットで占うという方法です。

占いの料金と時間について

占い師は言い値だろう。と思っている人は多いかと思います。私も価格を決める時には悩んだ物です。実際、そのサービスが高かったか安かったかは終わってみないと解らないでしょう。問題を解決出来ない状態で料金を支払う事は苦痛です。統計学のみの方は逆にお客様からの質問には弱いでしょう。質問に答えられないと、機械で占った方が良いですよね。一対一でわざわざ来られているのに、「さあ、それはわかりません」では残念です。占いの料金にはまず、その占い師さんのペースがあります。1つの質問に20分欲しい占い師さんは、20分区切り。速いテンポで占う方は10分でも料金は高くなります。中には1時間かけてじっくり占いをされる方もいらっしゃいます。その場合は1時間料金でも安かったりします。占いを教える時にも自分のペース配分を考える事をしっかり教えています。全員が全員同じではないし、個性がないと生き残れませんので、個性を生かす様にしています。じっくり占いたい方は小アルカナを入れた大きなスプレットを練習した方がいいですし、大アルカナのみで質問にすぐ答えたい方はいかに解決に向かうか!という簡単なスプレットを練習します。ですので、理由があって設定されてます。決して言い値では無いという事です。